株式会社シバオについて
Home > 株式会社シバオについて

株式会社シバオについて

社員一同の想い
社是
社訓

代表取締役からのご挨拶

日本の伝統美、日本建築。その屋根に葺かれた堅牢な瓦は、長い間建築物を風雨から守り、みずからも美しさを保ち続けます。
私はその姿を見る時、心の安らぎとふるさとの温もりを感じます。

古くから良質な粘土を採掘し、瓦の生産を地場産業とした石州は、この伝統美あふれる瓦を数多く生み出してきた、いわば瓦のふるさとです。
この石州地方、世界遺産の石見銀山の麓にあります株式会社シバオは、創業以来、陶土に最適な土と、石州瓦の伝統を築き上げた先人たちの技と心を受け継ぎ、瓦づくり一筋に研究努力、生産をしてまいりました。
その間、生産ラインの完全オートメーション化導入、万全の品質管理に努めた結果、石州でも有数の生産量を誇る工場となることができました。これもひとえにお施主様をはじめ、特約店様、施工にあたられる皆様のおかげと感謝致しております。

これからの株式会社シバオにおきましては、常にお客様の声に耳をかたむけることを第一として、時流をいち早くキャッチし、多様化のニーズに応えるべく、努力をしてまいります。そして、新しい製品の研究・開発、よりよい製品の生産を重ね、瓦づくりを通し社会に貢献してまいります。

今後とも一層のご支援、ご愛顧を賜りますよう社員一同、心からお願い申し上げます。

株式会社シバオ
代表取締役社長 芝尾 金男

ウルトラ3S瓦 改良の歴史

ウルトラ3S瓦 改良の歴史

ウルトラ3S瓦の初代の販売を開始したのが昭和58年10月。
それから、30年近く経ちますが、その間に、ウルトラ3S瓦も少しずつ改良され、変化しながら現在の『ウルトラ3S瓦スーパー』の形になっております。

こうした改良の歴史が、わが社の防災瓦へのこだわりであり、防災瓦への技術的なノウハウとして蓄積され、現在の製造に大きく活かされております。

地域貢献

弊社の社長は、地元の中学校で40年以上に渡り、陶芸の指導をしております。
その中で、地元の中学生がデザインし作った陶板パネルを弊社のほうで焼成し、パネルの施工をお手伝いしています。

石州瓦と同じで、いつまでも色あせすることもなく非常にきれいで、いい思い出の品として残っていきます。

陶板を組み合わせてデザインした陶板絵
陶板を組み合わせてデザインした陶板絵

陶板を組み合わせてデザインした陶板絵

ページトップへ

株式会社シバオ・本社/TEL:0854-89-0201・九州営業所/TEL:0948-65-3603・広島サービスセンター/TEL:0826-73-0587
瓦ってこんなに違うんだっ?!瓦の違いが分かるDVD無料進呈!
資料請求はこちらから
お問い合わせはこちらから