Home > 瓦ラインナップ > スーパー防災 合体熨斗(がったいのし)

スーパー防災 合体熨斗(がったいのし)

屋根の中心に位置する棟。丈夫な棟を造ることは、屋根を守り家を守ること。シバオのスーパー防災合体熨斗は、ガッチリ噛み合う特殊な合体構造と葺土に食い込む力強いコマにより、美しく強力な棟を簡単に作ることができます。

機能紹介

ズレを止める

合体溝がガッチリ噛み合い葺き合わせ部分がしっかり合体。長期間に渡ってズレを止め、地震や雪に強い棟になります

棟を長持ちさせる

勾配安定コマと葺土一体コマにより熨斗勾配が一定化すると同時に、土が痩せても熨斗勾配の経年変化を軽減します。また、これらのコマが葺土にしっかり食い込み、土と熨斗瓦が一体となり、強い棟を作ります。

機能ポイント1.3.4  ズレを止める 棟を長持ちさせる

雨漏れを止める

合体溝がガッチリ噛み合うことで、雨水の浸入を防ぐと共に棟部の瓦の飛散・雨漏れを防ぎます。

スミ付け不要の簡単施工

チリ寸法が一定なので、台熨斗瓦(一番下に葺く熨斗瓦)を葺けばチリ線は合体溝で決まりますから、スミ付けも不要で従来の熨斗施工より簡単で早く美しく仕上がります。

機能ポイント1.5 雨漏れを止める スミ付け不要の簡単施工

美しい棟ができる

熨斗瓦同士が合体することによって重なり部分の線が消え美しいラインだけが残ります。合体溝に合わせて置くだけで、チリも一定になり仕上がりの美しい安定熨斗瓦です。

機能ポイント1.2.5 美しい棟ができる

スーパー防災のし&石州なんばんで、防災効果が大幅アップ!

抜け・ズレ・雨水の侵入を防げる「スーパー防災のし」と、赤土より硬く痩せにくく、水を吸いにくい漆喰不要の「石州なんばん」が一緒になって、さらに防災効果を発揮します。

スーパー防災のし&石州なんばんで、防災効果が大幅アップ!
防災のし(3分チリ)断面

▲防災のし(3分チリ)断面。

防災のしの溝

▲3分(約9mm)この溝に上段ののしをはめ込んでいく。

防災のしのツメ

▲このツメがなんばんの中にくい込み、棟の中の土が痩せてもツメがあるので落ち込まない。

ページトップへ