知ってほしい瓦の良さ
Home > 屋根リフォームをご検討中の方へ > 知ってほしい瓦の良さ

知ってほしい瓦の良さ

粘土瓦のいいところ

粘土瓦は、日本の建築物を1400年以上の間、守ってきた屋根材です。 以下に、瓦の特徴・優位性について紹介します。

通気性

瓦の裏側と屋根板との間には、大きな空間があり、そこを空気が流れ、通気が行われます。 木造住宅(木材)にとって、湿気は一番の大敵!! 屋根材裏の通気は、湿気を逃がし、屋根の木材の健康を保ってくれます。 特に桟山と谷のある和瓦(J形)、洋風S瓦(S形)の通気性は優れています。 

house_souon 

瓦裏の空気層 見える化

施工された瓦の裏側には空気層があり、断熱効果、通気効果があります。それにより、『夏涼しく、冬暖かい』生活空間を創る役目を果たしてくれ、屋根の良好な状態を維持してくれます。

 

遮音性

日常生活において、不快に感じる音の一つに屋根からの雨音があります。 粘土瓦は、家の中の生活空間への雨音を遮り、静かで快適な空間を作ってくれます。 これから、数十年も住んでいく家において、屋根の遮音性は重要な検討要素の一つです。

陶器瓦&金属屋根材 雨音の比較

静かな部屋 

断熱性

屋根は、夏の太陽光線が容赦なく降り注ぐ場所。 屋根材の種類によっては、お部屋の体感温度がかなり違います。 瓦は熱を遮断する力に優れ、夏涼しく冬暖かい住空間を創ります。

耐久性

耐久性

粘土瓦の耐久性に関して、冒頭にも書きましたが、1400年以上の歴史が証明しています。 1000年以上にわたり一般的に使われている屋根材は他にはありません。

防火性

防火性

粘土瓦が一般的に使われるようになったのは、江戸時代。江戸の町では大火が頻繁に発生しました。 その防火対策(飛び火による類焼を防ぐ)として、8代将軍徳川吉宗のころに、瓦の使用が推奨されました。 粘土瓦は不燃材料です。

 

粘土瓦には、それ以外にもメンテナンス性 (瓦1枚から交換可能)、美観性 (色あせなどが少ない)、ランニングコストなどまだまだたくさんあります。

石州瓦の特徴(ダントツ品質!石州瓦&ウルトラ3S瓦>>)

四季があり、梅雨があり、台風シーズンがあり、基本的には多湿である日本の気候には瓦屋根が最適である考えます。 どうか、瓦の良さをご理解頂き、屋根材選びの参考にして頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

粘土瓦の劣位性

逆に、瓦の劣位性も紹介します。

重量
瓦はやっぱり比較的に重い。残念ながら、粘土瓦は軽いほうの屋根材ではございません。 でも、瓦(屋根)が重い = 家が地震に弱い ではありません。 家の耐震性は、屋根の重さだけで決まるのではなく、柱や筋交い、土台、基礎といった家全体で考えるものです。

知って下さい。屋根の重量&耐震について>>

ページトップへ

防水・耐風・防災機能に特化!石州シバオの瓦!

知ってほしい! 瓦の良さ!!!
1200°C以上の焼成温度&防災機能で ダントツ性能!石州瓦&石州シバオ ウルトラ3S瓦シリーズ
知って下さい! 屋根の重量&家の耐震 について
株式会社シバオ・本社/TEL:0854-89-0201・九州営業所/TEL:0948-65-3603・広島サービスセンター/TEL:0826-73-0587
瓦ってこんなに違うんだっ?!瓦の違いが分かるDVD無料進呈!
資料請求はこちらから
お問い合わせはこちらから